相続は家族にとって、住宅や取得や結婚などと並ぶ人生における重大イベントです。

 

亡くなられた方にとっては、残された親族で円満に相続してほしいというのが願いでしょうが、現実には争う相続になってしまうことが多々あります。

 

それは、相続税が発生するような多額の遺産が残された場合だけでなく、さほど多額でない遺産であっても骨肉の争いになることは珍しくありません。

 

「鹿児島 相続と住まいの相談室」では、相続診断士が争いのない笑顔の相続が行えるようコンサルティングを行います。

 

また、最近、話題になることの多い家族信託をご存知でしょうか?

 

例えば、高齢の親御さんが、所有する不動産を売却して施設に入所する資金を作ろうとしても、認知症になって判断能力がなくなってしまえば資産の処分はできなくなり凍結されてしまいます。

 

そんな事態を回避できるのが、「家族信託」です。
一言でいえば、不動産の所有者が信頼のおける親族に財産の管理を信託する制度ですが、登記上は受託する者に名義を移す必要がありますから、専門家の力を借りながら作業を進める必要があります。

 

「鹿児島 相続と住まいの相談室」では、司法書士など専門知識を有するアドバイザー、パートナーの協力を得ながら信託の組成に関するコーディネート、アドバイスを行います。

トップへ戻る